2019/11/12 ミッションポシブル

年中からのコース
11 /12 2019

単元のまとめとして、こんなのを作りました。

映画ミッションインポッシブルの予告動画で気分を盛り上げ、ミッションインポッシブル(不可能な任務)ではなくて、ミッションポシブル(可能な任務)をこなしてもらいます。

同じことをやってもちょっと見せ方を変えただけで、食いつきが違ってきます。

紙を広げた途端、先生すきー!っと盛り上がってくれました😍




中身を変えて、他の単元や、他のクラスでも使えるかも。
ということで早速その日の他のレッスンにも使ってみました。写真撮り忘れたけど、こちらも好評でした。

2019/11/7 アロマオイルと魔法の粒で芳香剤を作ろう

イベント(主に高学年向け)
11 /07 2019

前回の高学年向けレッツプレイでやった、魔法の粒(高吸水性ポリマー)で、今回は、芳香剤を作りました。

高吸水性ポリマーは、紙おむつや保冷材などにつかわれている粒で、自重の数百倍から数千倍の水を吸収することができます。
その保水力を生かし、水と一緒に香りを閉じ込めようというわけです。

においを感じる秘密や、アロマオイル(エッセンシャルオイル)の科学をさぐると、個人的にはおもしろかったのですが、みんながねむくなると困るので、それはざっと眺めるだけに。

英語の練習になるよう、ついでに、色の要素も取り入れました。


今回の英語目標は。。。。

1.色の英語のつづりを、見ないで書けるようにする
2.好きな色について話し、色と性格診断のwebページを、英語と日本語で読む。
3.「~のようなにおい」と英語で説明できるようにする

です。


1.色カードをつかって、ゲーム感覚で読み方を覚えた後、特徴を観察したあと何も見ないで書かせると、なかなかよくできてました。


2.はじめは性格診断になるとは知らせずに、好きな色を言ってもらったので、「じゃぁ〇〇色っていえばよかったー」と騒然となりました。

海外のページと日本語のページで、色のイメージが共通するところも違う部分もありました。


3.私事ですが、夏ごろから、エッセンシャルオイル(精油)を集めたり関連書物を読むことがとまりません^^


精油辞典(日本語)をながめてもらったあと、植物の絵、その働きの説明(英語)、日本語訳をマッチングしてもらいました。

40本くらいになった精油を、みんなに試してもらいました。においの感じ方は本当に人それぞれ。

草みたいなにおい、とか、インクみたいなにおい、とか、いろいろな感想が出ました。

It smells like ..という表現が活用できました。


最後に、気に入った香りで、芳香剤をつくってもらいました。


<材料>

ガラス容器
高吸水性ポリマー(吸水してないもの)適量
無水エタノール 5ml
精油 5滴
精製水または水 45ml
ビー玉などのかざり


<作り方>

1.ビーカーで無水エタノール5mlをはかり、ガラス容器に入れる


2.好きな香りの精油を合計5滴入れて、よくかき混ぜる


3.ビーカーで、精製水または水45mlをはかり、2に入れて、かき混ぜる



4.高吸水性ポリマー適量と、ビー玉などの好きな飾りを入れる



5.高吸水性ポリマーが十分吸水すれば完成。




高吸水性ポリマーが十分ふくらむまで、およそ一晩かかるので、完成は持ち帰った後です。
ちゃんとうまくいったのか?材料が適量だったかどうかは、わかりません。
後日結果を聞いてみます。

芳香剤が、どんな香りで、どんな色だったかを、英語で説明できるとよいです。

oceankids01

アルクKiddyCAT英語教室Oceankids校のイベントLet's Playについて載せています。