2019.01.24 世界にポストカードを送ろう Part2

イベント(主に高学年向け)
01 /24 2019


世界中にポストカードを送ることができるサービス Postcrossing を使って、
ハガキを送ろう 第2段‼️

今回は、ハガキを送る人のプロフィールを読んで、
自分でポストカードを選ぶところからやりました。

教室を、お店にみたてて、英語で買い物。

いらっしゃいませ/いくらですか?はもう知っているから、
見ているだけです、とか、こんなポストカードをさがしている、と伝える表現を練習しました。

プロフィールを見て、その人のことを考えて、
ハガキを買う体験です。

事前に練習したことを、すらすら言えてる子も、恥ずかしがってる子も、
無事にハガキを選ぶことができました。


はたして、ハガキを受け取った人たちの反応やいかに!?
ハガキを書いた後のことは、こちら
一期一会

2019.01.24 一期一会

side story
01 /24 2019
さて、今回イベントで使った、Postcrossing というシステム、
ハガキを送った数だけ、
世界中のこのシステムの登録者からランダムに選ばれた誰かから、
ハガキが届くようになっています。

特定の人とやりとりを続けるわけではないので、まさに一期一会。

子どもたちの中には、自分が書いたハガキが、
世界のどこかに届くという意識がなく、
ただ、はやく課題を終わらせることだけを考えている子もちらほら。

文化の違いを考えて、また、受け取る相手のことを考えて、
メッセージを書く大切さを確認しました。

普段、私が海外にハガキを出すときは、
送ったはがきが、受け取った人の一日を、
ほんの少しだけいいものにすることができたらいいな、と思いながら書いています。

一生会わない可能性が高い人だけど、
だからこそ、思いを届けることができることを奇跡的に感じます。

ハガキを受け取った人から、
システムを介して一言メッセージが届きます。

ハガキや切手を気に入ってくれた人から、
You really made my day!
(おかげで、いい一日になりました。)

というコメントが届いたら、幸せな気分になります。

20190315postcrossing

ということをお話しして、後日手直ししてもらったハガキもあったけど、伝わったかなぁー・・・

子どもたちに、どう伝わったかはわかりませんが、
ハガキを受け取った人たちには伝わったようです。

子どもたちへのコメントをお願いしていたら、あたたかいコメントが多かった気がします。

そして・・・

今回送ってもらったハガキのうち、
直接この子にハガキを送りたい!と、実際にハガキを送ってくれた人がいました!
めったにないことです。

別の人は、プロフィールに、封書でコインなど送付希望と書いていたので、
ハガキと一緒に、5円玉とご縁と神社の話を添えて、小銭やステッカーを送ったら
とても喜んでくれて、封書で返事をくれました!!

ハガキを書いた子に、直接渡したので、
何が入っていたのかは、今度教えてもらいます!

2019.1.15 つくってえいごでおかいもの

イベント(主に低学年まで向け)
01 /15 2019


「いらっしゃいませ」「いくらですか?」
などの英語を練習する、定番のお買い物ごっこですが、
今回は、お店で売るものを作るところから始めました。

作る過程でも、いろんな英語を使う機会があって、一石二鳥。

参考にしたのは、日本の幼稚園/保育園用の、このサイトです。
https://hoiclue.jp/800009146.html

小さい子どもでもかんたんにできる、たのしい製作がたくさんのっています。

焼きそば↓


ホットドッグ↓


キャンディー↓


こちらは、説明にはなかったですが、回転寿司。自分で考えて、ダンボールを切って貼って作っていました。

決まった時間に英語音声を自動で流す方法

英語上手になるためのTips
01 /01 2019
英語の音声を、毎日聞いて練習すれば、英語が上手になる。。。といっても、つい忘れちゃいますよね。
教室で、英語音声を聞いて練習することが宿題になったら、ちょっと面倒ですよね。CDの英語音声が、決まった時間に自動で流れたらいいと思いませんか?
そんな時に便利なのは、目覚ましのアラームに英語音声を設定してしまうことです。

うちでは、朝起きてしばらくたった7時に、英語の物語(教室の暗唱課題)が流れるように設定しています。アラームを止めるまで繰り返し流れるので、一緒に言わないと止めないようにしているのですが、毎日忘れずにやることになるので、比較的真面目な娘だけでなく、めんどくさがりの息子も、英語の物語を覚えてしまいました。
iPhone, iPad と、その標準アプリの「時計」を使う方法をご紹介します。
Android端末でも、できると思いますが、その方法は、またの機会に。。。

❶英語音声を、パソコンのiTunes経由で、iPhone/iPadのミュージックライブラリに入れる
パソコンで、iTunes を開き、英語音声を入れるためのプレイリストを作ります。
いったんプレイリストを作って、それを同期する設定にしておくと、以後、そのプレイリストに音声ファイルを入れるだけで、勝手に同期してくれるようになります。

ファイル>ファイルをライブラリに追加 で、音声ファイルをiTunesに入れる。

最近追加した項目 を見ると、入れたファイルがあるので、それをドラッグアンドドロップで、先ほど作ったプレイリストに入れる。

①iPhone/iPadを、PCとつなぎ、iPad/iPhoneをクリック
②③ミュージック>選択したプレイリスト、アーティスト、およびジャンルにチェック
同期したいプレイリストにチェック

同期後、PCと端末の接続を切る
今後、英語音声ファイルを追加したい場合は、作ったプレイリストにファイルを入れて、端末をPCと繋ぐと、自動で音声ファイルが端末に入ります。
❷iPhone/iPadの目覚ましアプリに音声を設定する
時計アプリを開き、アラーム画面に切り替えて、右上の+を押す

アラームを編集。①時間を設定し、②音声を流す曜日を選ぶ
③サウンドをタップ

④曲を選択 をタップし、ミュージックライブラリから、音声ファイルを選ぶ

これで、指定した曜日と時間に、自動で英語音声が流れるようになりました。

oceankids01

アルクKiddyCAT英語教室Oceankids校のイベントLet's Playについて載せています。