2018.09.25サンタクロースに英語で手作りクリスマスカードを出そう

クリスマス
09 /25 2018

クリスマスに、サンタクロースから手紙が届いたら、素敵ですよね。

調べてみると、そんな願いが叶う(かもしれない)、サンタクロースの住所が、世界中にいくつかありました。

教室では、毎年、クリスマスカードをかいていますが、今年は、実際に海外のサンタクロースに
カードを出せるように、早めにかかせてみました。

今回は、低学年までのクラスのイベントです。



カードのアイディアは、数時間のリサーチののち、Krokotak.comさんからいただきました。

https://www.youtube.com/watch?v=l25xKodJQFY&feature=youtu.be

北米とかではなさそうな雰囲気。
国旗を調べると、ブルガリアのようでした。
ほかのも拝見しましたが、どれも子どもと簡単に作れそうで、おしゃれな感じです。

http://krokotak.com/


はじめに、お手紙のしたがきをノートにかきます。

内容はこんな感じで。

名前 My name is...

すきなもの I like.... または、すきなこと  I like to....

クリスマスにのぞむもの I wish...for Christmas.

やくそくすること I promise to....

やくそくすることの例


おなじ素材とお手本があっても、みんなそれぞれちがったものが
できあがりました。


2018.09.20海外にポストカードを送ろう

イベント(主に高学年向け)
09 /20 2018

Postcrossingというサービスを見つけました。
https://www.postcrossing.com/
世界中の70数万人もの会員と、ランダムにはがきを送れるサービスです。
誰かに送ったら、また別の見知らぬ誰かから、送ったはがきの数だけ届きます。
昨今のやり取り手段といえば、eメールやSNSが主な中、実際に手に取ってみることができるハガキのやり取りをするって
ちょっとワクワクします。
しかも、そのハガキは、普通に生きていたら、一生やり取りする機会のなかった人からで、ハガキの紙は、行ったこともない場所の空気を吸っているって、すごくないですか?
今回のレッツプレイは、そのサービスを利用し、みんなに世界中の国々にむけてメッセージと絵ハガキをかいてもらいました。
その前に・・・・

Postcrossingのしくみについての英文をスラッシュ入れながら音読。

英訳クイズ。
みんな習ったことがベースになっているものばかりだけど、
書いてみないとわからないですね。
そこで、ヒントありにしました。

時間の都合で、タイマーなったら終了、続きはまた今度。
そして、自分の英文を書き、絵をかいて完成です。
事前準備で、ゴム版を掘ってスタンプつくったり、カラー筆ペン買って、日本っぽいものかいてみたりと

お手本らしきものを作りましたが。。。。
やっぱり子どもにはかなわないです。彼らのほうが、ずっとおしゃれ!!アーティストです。

Kくんからインスピレーションをうけて、リベンジ!!

これを機に、たくさんポストカード出してみようと思って、切手をたくさん買ってきました。
それに、中学生のクラスでもかかせてみました。どんなのになるか楽しみ♪
今回だけでなく、自主的にハガキかいてくれたら、最高ですね。

oceankids01

アルクKiddyCAT英語教室Oceankids校のイベントLet's Playについて載せています。