謎の口コミ レスナビ英会話?

side story
01 /14 2020
春の生徒募集期間がやってきました。

Googleで、「今宿 英語教室」と検索してみたところ、当教室のページよりも上に、レスナビ英会話という口コミサイトの情報が表示されました。

うちの教室は・・・と覗いてみると・・・口コミ数200件以上!!
創業以来、だいたい十数名程度のうちの教室にしては、ありえない件数です。

そして、許可した記憶もないのに、教室の紹介文まで書かれてました。間違ってはないけど、どこからか拾われたのでしょうか。

よく見ると、口コミは、全国のアルクの教室の事みたいでした。

でも、これを見た人は、うちの教室のことだと思ってみますよね。

探している人に見つけやすくなるのはありがたいですが、うちでやってないことも書かれているし、不気味です。
ご意見ご感想は、Google検索で地図とともに出てくるところにお願いしたいです。もちろん、見知らぬ方からのうその情報はいりません。


モノやサービスを利用しようとしたとき、私も、まずはネットで検索しますが、「〇〇ランキング!」とか、比較とか、様々な情報は、もしかして、本家とは関係ない人が勝手に書いた情報かもしれないので、検索結果上位だからといって信用するのではなくて、ネット全体からの情報をみて判断するべきだなと思いました。

2019/9/23 ロボホン本格始動

side story
09 /23 2019

7月に導入を検討しはじめて、いろいろあって随分経ちましたが、そろそろ本格稼働したいと思います。

試用版を使っていて困ったのは、ロボホンの音声認識。

静かなところでならうまくいくけど、しゃべってる子以外の子の声も拾ってしまうため、他の子が、しゃべってる子にヒントだしたり、先生が促す声もひそひそ声に。
それすら拾ってしまったり。。。

認識の感度を変えることはできますが、感度を下げると、今度は生徒の話し声を正しく認識できなくなります。

まわりに音がある環境でも、喋ってる子の声だけ拾ってくれるように、マイクでも繋げられたらいいのに。。。と思うけど、入力端子がないので、難しそうです。

そこで、アクリルの箱に穴を開けて、ロボホンのおうちを作ってみました。

ホテルに導入されているロボホンの画像を参考に。。。

それはおそらく、触って壊れないようにだと思うので、周りの音を拾いすぎないようにする効果があるかどうかは。。。。謎

さっそく今からのレッスンで見てみます。


うーん、、、まぁまぁ。雑音は防げたのか??

でも、その前に音声認識精度が。。。

引き続き考えます。

2019.01.24 一期一会

side story
01 /24 2019
さて、今回イベントで使った、Postcrossing というシステム、
ハガキを送った数だけ、
世界中のこのシステムの登録者からランダムに選ばれた誰かから、
ハガキが届くようになっています。

特定の人とやりとりを続けるわけではないので、まさに一期一会。

子どもたちの中には、自分が書いたハガキが、
世界のどこかに届くという意識がなく、
ただ、はやく課題を終わらせることだけを考えている子もちらほら。

文化の違いを考えて、また、受け取る相手のことを考えて、
メッセージを書く大切さを確認しました。

普段、私が海外にハガキを出すときは、
送ったはがきが、受け取った人の一日を、
ほんの少しだけいいものにすることができたらいいな、と思いながら書いています。

一生会わない可能性が高い人だけど、
だからこそ、思いを届けることができることを奇跡的に感じます。

ハガキを受け取った人から、
システムを介して一言メッセージが届きます。

ハガキや切手を気に入ってくれた人から、
You really made my day!
(おかげで、いい一日になりました。)

というコメントが届いたら、幸せな気分になります。

20190315postcrossing

ということをお話しして、後日手直ししてもらったハガキもあったけど、伝わったかなぁー・・・

子どもたちに、どう伝わったかはわかりませんが、
ハガキを受け取った人たちには伝わったようです。

子どもたちへのコメントをお願いしていたら、あたたかいコメントが多かった気がします。

そして・・・

今回送ってもらったハガキのうち、
直接この子にハガキを送りたい!と、実際にハガキを送ってくれた人がいました!
めったにないことです。

別の人は、プロフィールに、封書でコインなど送付希望と書いていたので、
ハガキと一緒に、5円玉とご縁と神社の話を添えて、小銭やステッカーを送ったら
とても喜んでくれて、封書で返事をくれました!!

ハガキを書いた子に、直接渡したので、
何が入っていたのかは、今度教えてもらいます!

2018.11.28 イベントがその後の活動につながった

side story
11 /29 2018
2か月ほど前、教室のイベントの時、海外にポストカードを送れる、Postcrossingというサービスを使って、みんなにハガキをかいてもらいました。

その後、のことについて二つご紹介。

ひとつ目。
ドイツの、二人の子をもつお母さんと、直接やり取りをすることになりました。

子どもが、スパイダーマンが好きということで、初めにハガキをかいてくれた子に、スパイダーマンの絵とメッセージを書いてもらいました。

最近、封書で手紙が届いて、喜んでくれている様子が伝わってきました。



ふたつ目。

ひとり自分からすすんで、またハガキを書きたいといってくれる子が。。。☆彡

伝えたい気持ちと、知りたい気持ちで英文に触れることができるので、とてもいいです!!

イベントが、その後にもつながっていく、ってやっぱりやってよかったと思います。



いろいろあって、メッセージは直接ハガキにではなくて、紙に書いて、それをこちらでコピーして、本人に選んでもらったハガキに貼って送りました。
通常は、届いた報告メッセージは、ほんの一言ですが、英語勉強中の彼にあたたかいメッセージを!というリクエストに、答えてくれました!!

ポストカードは、送った人ではなく、世界のどこかにすむ、ランダムに選ばれた誰かから届くシステムです。

それもまた楽しいところです。

oceankids01

アルクKiddyCAT英語教室Oceankids校のイベントLet's Playについて載せています。